最先端医療技術~再生療法~|荻窪の歯医者|にしざわ歯科

  • 03-3398-2366
  • 東京都杉並区|診療予約|にしざわ歯科
  • 口臭外来予約

【最寄駅】
荻窪駅から徒歩30秒の歯医者

【診療時間】
平日 9:30 ~ 19:00 (※木曜は17:00まで)
土曜 9:00 ~ 13:00 (※15:00~口臭外来)

最先端医療技術~再生医療~

にしざわ歯科は再生医療研究の一端を担っています

にしざわ歯科は再生医療研究の一端を担っています

再生医療とは、病気やけが、事故などで失った組織や臓器を、体の中の細胞を用いて再生させる先端医療技術です。ノーベル生理学・医学賞でも話題になった「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」で、再生治療はいま注目を集めています。荻窪の歯医者「にしざわ歯科」は「(株)再生医療推進機構」の提携医院として、抜去歯の利用から再生医療につなげる研究の一端を担っています。

iPS細胞と歯髄細胞の関係について

京都大学の山中伸弥教授らが2006年に発表した研究では、iPS細胞を皮膚細胞から作っていました。しかし、皮膚は新陳代謝が激しいうえ、紫外線などの有害な刺激を受けやすく、遺伝子に傷がついている可能性があるという点がネックでした。

iPS細胞と歯髄細胞の関係について

そこで注目を集めたのが、歯髄細胞です。歯髄細胞は、歯牙という硬い組織に保護されているため、遺伝子に傷がつきにくいという特長を持っています。さらにiPS細胞の作製効率において皮膚細胞と同等か、それ以上であることも明らかになりました。現在では歯髄細胞を培養し、老化や染色体異常を起こさずに保存できる技術が「歯髄細胞バンク」として確立されています。

歯髄細胞バンクについて

歯髄細胞は、これまで医療廃棄物として処理されてきた親知らずや乳歯などの抜去歯から採取できます。当院では患者様のそういった抜去歯をお預かりし、「(株)再生医療推進機構」の運営する「歯髄細胞バンク」へ登録することが可能です。歯髄細胞バンクに登録した歯髄細胞は冷凍保存され、将来的にご自身やご家族の治療、検査などへの活用が期待できます。

よくあるご質問

歯髄細胞はどんなときに役立ちますか?
歯髄細胞は、将来の再生医療に利用できます。実際に歯髄細胞が細胞治療に利用された例は、現段階で3件です(骨再生2症例、神経再生1症例)。おもに神経疾患領域(脳梗塞や脊髄損傷など)、整形外科領域(骨修復など)、歯科領域(歯の神経再生や歯槽骨再生、歯周組織再生など)において研究が進んでいます。また、歯髄細胞の培養液から得られる成長因子を利用した肌再生やアレルギー性疾患の治療など、身近な再生医療技術の実用化も近づいてきています。
現在、自分の細胞を使った再生医療を受けることのできる病院はありますか?
がん治療を目的とする免疫細胞療法を行っている医療施設は全国に約100施設、その他美容や歯科、研究段階で再生医療を行っている大学病院などを合わせると全国で300以上の医療施設で再生医療が行われています。
歯髄細胞を預ける時期として何歳くらいが適当ですか?
乳歯段階であれば10歳以下、親知らずを含む永久歯であれば30歳以下が最適です。
乳歯が自宅で抜けた場合は、その乳歯を細胞バンクに預けることは可能ですか?
歯科医院で抜歯するのが基本ですが、感染などの理由で細胞が増えない可能性があることをご了承いただければ、ご自宅で抜けた乳歯をお送りいただくことも可能です。ただし、抜けた乳歯はただちに専用の容器に入れていただく必要がありますので、乳歯が抜ける前にご連絡いただき、専用の容器を受け取っていただくという手順になります。
細胞登録保管の費用を教えて下さい。
登録料30,000円、培養費150,000円、10年保管料120,000円(1か月換算1,000円)の合計税別300,000円です。11年目以降は、10年間保管料のみのお支払いで契約更新が可能です。クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、American Expressをご利用いただけます。

㈱再生医療推進機構はこちらから