「スマホ噛みしめ」にご注意ください。|荻窪の歯医者|にしざわ歯科

  • 03-3398-2366
  • 東京都杉並区|診療予約|にしざわ歯科
  • 口臭外来予約

【最寄駅】
荻窪駅から徒歩30秒の歯医者

【診療時間】
平日 9:30 ~ 19:00 (※木曜は17:00まで)
土曜 9:00 ~ 13:00 (※15:00~口臭外来)

にしざわ歯科
ブログ

「スマホ噛みしめ」にご注意ください。

  最近、メディアで「スマホ老眼」が取り上げられております。長時間のスマホ操作で色々な症状が身体に起こるようです。他にも「スマホ首」「スマホ指」「スマホ巻き肩」があるそうですが、これに関連して、にしざわ歯科ではスマホをし続けることで、無意識に噛みしめてしまう「スマホ噛みしめ」に注目しています。

  スマートホン(スマホ)を見ている姿勢で頭の角度が前傾しすぎると、頭の重さで、上下の歯列が自然に噛みしめ状態になってしまいます。

 なぜ「噛みしめ」がいけないのでしょうか?通常人は、上下の歯が接触している時間は124時間中20分ぐらいといわれています。無意識に噛んでしまう症状をTCH(ティースコンタクトハビッツ)といい、1日に7時間以上噛みしめていらっしゃる方もいるそうです。

 もともと歯を支えている歯周組織は、咀嚼で、食塊を通してリズミカルで軽いタッチを反復することで、局所への血行を促し細菌の侵入に対しての抵抗力を増して、この弱い力が弾力性のある健康な顎の骨を作り上げていきます。

 噛みしめは、上下の歯が弱い力でも持続的な接触があると、周辺の毛細血管が消失してしまい、抵抗力が減弱してしまいます。

 このTCHの治療は、現在のところ、睡眠時以外は、自分の日常の動線の中に、「噛んではダメ!」のような、気づくような付箋を貼っておくこだとされています。

 日常、何気なく行っているしぐさも、実は歯に大きな負担をかけていることもあります。

 充分にご注意ください。

「スマホ噛みしめ」にご注意ください。